★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

       ┏━━━━━━━━━━━━┓
       ┃ボンジョルノ・ジャポーネ   ┃ 
       ┗━━━━━━━━━━━━┛ 

     …イタリアからの情熱をあなたに…         
                 執筆:ニコローシ・佐藤・アンドレア

            Vol.1 2003/01/26

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆★

ご講読の皆様

こんにちは。ヴェローチェ店長のニコローシ佐藤です。
ついこの前お正月だと思ったのもつかの間、既に1月も
終わりそうですね。せわしなくしているせいか、時間が
経つのが恐ろしく早く感じております。


今回からは、メルマガ内容を一新してみました。そして
バッグに限らず、イタリアの事、私自身の事をもっと深く
ご紹介させて頂きたいと思います。


〓〓〓今号の主な内容〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    【1】改めて店長自己紹介
    【2】一言イタリア語講座
    【3】コラム更新のご案内
    【4】編集後記
                   http://www.veloce.jp

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

          改めて、店長自己紹介!

       ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


本名:ニコローシ佐藤 アンドレア(念の為、本名です。)
出生地:イタリア・トリノ市(ミラノより西に位置する、ピエモンテ州の州都です。)
年齢:31才
血液型:AB型

私は、1971年3月12日、イタリアはピエモンテ州トリノ市
(正確にはベッドタウンのリボリ市の病院)に生まれました。

ご存知の通り、イタリアは長靴のような形をしている国ですが、
イタリア北西部に位置するピエモンテ州はフランスとスイスの国境を持ち、
そしてトリノ市は、その起源は古代ローマ時代までさかのぼる古い町です。
イタリア統一時は首都にもなった由緒ある都市です。

ピエモンテ=伊語で「山のふもと」が表すように、トリノ市は
アルプスの山々が顔を覗かせている、北イタリアの都市です。
2006年には冬季オリンピックが控えているので、きっとその時は
皆様の目にも触れる機会が多くなると思います。

近年は自動車産業の町として発達し、少し前まで国際モーターショーが
頻繁に開催されたり、フェラーリやマセラッテイ・アルファロメオの
親会社でもあるフィアット社が本社を置いたりしている事で有名です。
私の母も、若い時にはモーターショーで着物姿で登場し、
地元の新聞を騒がせたものでした。

私はその近郊のリーボリ市の病院で生まれ、8歳までトリノに住んでいました。

当時、私の父は国立の音楽学校で教鞭を取る傍ら、Teatro Erbaという
映画館で映写技師をしており、テレビのなかった私の子供時代は、
もっぱら映画館で映画を見たりして過ごしました。
その時は、日本という国は想像も出来ない異国の国で、入ってくる情報と
いえば、映画館で紹介される日本の姿か、映画007
(007は二度死ぬ:日本が舞台でしたね)
くらいでした。
そこで紹介されたのは、ちょうちんだらけの日本の祭の姿などで、
子供の頃、私は本気で日本が提灯やはっぴだらけの東洋の神秘的な国だと
思いこんでしまっていました。
その時の事を思うと、今こうして日本に住んでいる事が不思議なくらいです。
その後、2チャンネルしか移らない、小さな白黒テレビがやって来ました。
テレビでは、アルプスの少女ハイジやグレンタイザーなどの日本漫画が、
当時から頻繁に放送されていました。

このようにトリノはイタリア北部に位置し、他のヨーロッパの国々への
玄関口となった町です。イタリアへの旅行を検討されている方は、
一度トリノ経由で、フランスやスイス等、近郊の町(国?)を旅して
みるのも面白いですよ。
ヨーロッパ各国が地続きで、お互い影響を受けながら文化が発達してきた事が、
肌で感じとれます。
トリノへは、日本からですと直行便は出ていませんが、ミラノ経由などから
国内線飛行機で簡単に行けます。


日本に来て23年、これから私は、イタリアと日本の掛け橋となるべく、
イタリアの工房ネットワークと日本のお客様を結びつけられるようがんばります。
リクエスト、質問があればどうぞお気軽に。


◆一言イタリア語講座◆――――――――――――――――――――――――◇
 
   今月の一言  「Piacere」 (ピアチェーレ:初めまして)
 
  初対面で挨拶する時に使う言葉です。そして、重要なのはジェスチャー!
  必ず笑顔で、相手と握手をしながら「ピアチェーレ」!
  手はしっかり固く握り、縦に3回程度振り、お互いの信頼を確認します。
  しかし、堅苦しいスタイルはありません。相手に、自分が心を
  オープンにしますよ、と伝えられれば良いのです。
  相手からも、笑顔でしっかりと手を握られれば、言葉が分からなくても
  心はすぐ打ち解けそうですね!

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◆


◆今月のコラムご案内◆――――――――――――――――――――――――◇
毎月お届けしておりますコラムですが、今月分を更新しました。
今月号のタイトルは「新年も皆で乾杯!!」
イタリアでの、お正月の過ごし方の様子をお伝えしております。
↓コラムはこちらより
http://www.veloce.jp/column

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◆


〜〜〜編集後記〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつもいつもメルマガお読み頂きましてありがとうございます!
今回は、心機一点、メルマガのテーマを決め、新しいコーナーとして
一言イタリア語も付け加えてみました!
今後も、定期的に面白いイタリア情報をお届けしますので、お楽しみに。

それでは、これからも謙虚に、そして本当に良いものをご紹介したいと
思いますので引き続き宜しくお願いいたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆――――――――――――――――――――――――――――――――――◇

ご意見・ご感想はご遠慮なくこちらまで! どしどしお待ちしております!
→ http://www.rakuten.co.jp/veloce/forum

●配信中止・アドレス変更
   http://www.rakuten.co.jp/veloce/news.html
 このメールマガジンは、ヴェローチェでお買物・プレゼント応募等を
 していただいた方にもお送りしています。配信中止・アドレス変更を
 希望される方は、お手数ですが、上記アドレスからお願いいたします。

◇――――――――――――――――――――――――――――――――――◆


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

        【こだわりのイタリア工房製品】
         有限会社ヴェローチェ
         630-0201 奈良県生駒市小明町2101−14
         (TEL) 0743-73-8999 (FAX) 0743-73-8976
         (URL) http://www.veloce.jp
 
         ニコローシ佐藤アンドレア(andrea@veloce.jp)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コラムリストに戻る